今回のテーマは、

なぜ今さら昔ながらの『御用聞き』なのか?」です。

 

今回は、そのような「御用聞き」のメリット、デメリットを
お話ししてマーケティング活動にいかしたらいかがですか

といったお話ではありません。

興味のある方は、今すぐここをクリック!