●景気が悪い原因を考えています。(福岡 セミナー)

 

なぜ、景気が悪い原因が分かっていればいいのか?

 

それはいち早く備えることができて、
生き抜くことができるからです。

流動性の罠」とよばれるものをご存知でしょうか?

ゼロ金利下において、貨幣保有コストがゼロになること。

もっと簡単に言うと、

物を買うよりお金をみんな保有したがること。

貨幣を持っておきたいという人が増えているので、
例えば、ここにお金を100増やしても、
それが増えるだけで回らない。

お金を持っているだけだから市場を回らないわけです。

それを「流動性の罠」と言っています。

当たり前の概念です。

消費者が物を買わなくなったのには、
他にも理由があります。

今回は、無料でメールマガジンが読めます。

今までの売り方が通用しない時代がやってくる

根拠についてお話ししています。

 

5日間無料メール講座
「今までの売り方が通用しない時代がやってくる」
興味のある方は、今すぐここをクリック!

 

■景気が悪い原因は何か?

消費者の気持の問題であるというのは、
あながち違ってなくて、
社会が何となく元気な時は景気がよい。

景気がよくなる。

なんとなく元気がない時は、景気が悪くなる。

という明確な関係は確認されているわけですが、
じゃ、景気が悪い原因は何なんだと。

デフレだから景気が悪いというのは、少し間違っている言い方です。

例えば、物価が10%下がりました。

賃金も同時に10%下がるから、同じなんです。

デフレは影響ない。デフレは生活に何の影響もない。

ただ、みんな仲良く貧しくなっていくだけです。

生活していく体感としては、デフレは変わらない。

でも私たちは何となく、貧しくなっていっている気がします。

個人的にも国的にも。

 

何となく閉塞感で息苦しい感じがするわけです。

それはなぜなのか?

そんな「気」がするのは、なぜなのか?

原因を考える前に、

今までの売り方が通用しない時代がやってくる

根拠についてお話ししています。

 

5日間無料メール講座
「今までの売り方が通用しない時代がやってくる」
興味のある方は、今すぐここをクリック!

 

なぜ景気が悪いのか?

改善方法はあるのか?

消費税が10%になった後の社会はどうなるのか?

メールでお知らせいたします。